本文へスキップ

三重県伊賀市の伊賀リハビリライフサポート株式会社『リハビリデイサービスささゆり/第2リハビリデイサービスささゆり』
『リハビリデイサービス伊賀接骨院/居宅介護支援事業所ささゆり』関連施設『伊賀接骨院』『放課後等デイサービスささゆり』です。

電話でのお問い合わせは伊賀リハビリライフサポート株式会社
   代表:TEL.0595-24-0017

〒518-0839
三重県伊賀市上野田端町1004番3 


伊賀リハビリライフサポート株式会社







伊賀接骨院

スポーツ障害

スポーツ動作の繰り返しによって身体の特定部位(骨、筋肉、靭帯)が酷使されることによっておこるものを「スポーツ障害」と言います。
「スポーツ障害」は別名、「使いすぎ症候群」とも呼ばれます。

外傷を受けた時などの緊急処置は、患部の出血や腫脹、疼痛を防ぐことを目的に患肢患部を安静(Rest)にし、氷で冷却(Ice)し、弾性包帯やテーピングで圧迫(Compression)し、患肢を挙上すること(Elevation)が基本です。
RICEはこれらの頭文字をとったもであり、スポーツを始め、外傷の緊急処置の基本です。
RICE処置は、捻挫や肉離れなどの四肢の「ケガ」に行います。

RICE処置

Rest(安静)      損傷部位の腫脹(はれ)や血管・神経の損傷を防ぐことが目的です。
              副子やテーピングにて、損傷部位を固定します。


Ice(冷却)       二次性の低酸素障害による細胞壊死と腫脹を抑えることが目的です。
              ビニール袋やアイスバッグに氷を入れて、幹部を冷却します。
              15〜20分冷却したら(患部の感覚が無くなったら)はずし、また痛みが出て              きたら冷やします。
              これを繰り返します(1〜3日)。

Compression(圧迫)患部の内出血や腫脹を防ぐことが目的です。スポンジやテーピングパットを腫              脹が予測される部位にあて、テーピングや弾性包帯で軽く圧迫気味に固定しま              す。
              

Elevation(拳上)  腫脹を防ぐことと腫脹の軽減を図ることが目的です。
             損傷部位を心臓より高く挙げるようにします。